カテゴリ:旅 TRAVEL( 6 )

旅行術

1 何処へ行こうと、初めての土地だと自分に言い聞かせること。
2 どんな経験でも、旅人を豊かにする素材であることを忘れるな。
3 都市を見る最良の方法は「目的もなくさまようこと」(E・M・フォスター)にある。
4 他の人が行くからといって、見に行ったりしない。
5 カメラではなく、スケッチブックを持って行こう。
6 バスツア−に参加することを恥ずかしがるな。
7 一人で旅をしよう。

アラン・ド・ボトン『旅する哲学』より
[PR]
by 98graham | 2008-01-18 17:39 | 旅 TRAVEL

Old Addresses

3-4-11
5-11-6
98
1-11-18
[PR]
by 98graham | 2007-11-05 01:55 | 旅 TRAVEL

がらんとした部屋ー映画の中から

僕は映画を見てもストーリーとかエンディングよりも、その中のシーンとかスチルなイメージが記憶に残る方なんだけど、そんな中で記憶に残るがらんとした部屋のイメージを描写してみる。


●バッファロー66
薄暗いモーテルの部屋。ダブルベッド。クリスティナ・リッチと、ビンセント・ギャロがくっつきたいんだっけど、くっつけず互いに離れて寝ている…(俯瞰)

●パーマネントバケーション
NY。天井の高い空っぽの部屋。白い壁と天井。温水式のストーブだけが置いてある。
白いタンクトップを着た主人公の男が音楽に合わせ、下手なダンスを踊る…

●バートンフィンク
場末のホテル。暗い色の壁のペンキがはがれかかってたホテルの部屋。
汚いデスクに座る主人公の男。小説が書けずにデスクに向かい続ける。
デスクの前の壁には一枚の、安っぽい観光地の絵がかかっている…

●ブルーベルベット
夜のクラブのような暗い部屋。
青いビロードのカーテン。
腐りゆく直前の美しさをもった女が佇んでいる…

●時計仕掛けのオレンジ
主人公の部屋。狭いワンルーム。ベッドとスピーカーがどかーんとおいてある。
スピーカーからは大音量でベートーベンの第九がかかっている…

強盗に入られる老人の部屋。
F・R・ライトっぽいモダンなつくり。
本棚が並び、白い壁に面してシンプルなデスクが置いてある。
床にはヒョウ柄のマット。イームズの椅子。

●パリ・テキサス
主人公の男が、以前の妻に合うために入るのぞき部屋。
マジックミラーの向こうで、赤いワンピースに金髪の女が話しかける…
[PR]
by 98graham | 2004-12-02 03:51 | 旅 TRAVEL

通過地点 TRANSIT

32カ国

1971 Tokyo
1974 Edmonton, Calgary
1977 Yokohama
1984 Tokyo
1991 Tokyo, London, Amsterdam, Paris, Italy, Swiss, Malaysia
1992 Tokyo, Turkey, Egypt, Greece
1993 Tokyo, Paris, Spain, Morocco, Malyasia
1994 Tokyo, Los Angels, Brazil, Paraguay, Argentina
1995 Osaka, New York, Mexico, Cuba, Tokyo
1997 Tokyo
1998 Tokyo, New York, Mexico
1999 New York, Tokyo, China, Tibet, Nepal, India, Thailand
2000 New York, Tokyo
2001 New York, Costarica, Holland, Germany, Austria, Hangary, Italy, Paris, Antwerp, Tokyo
2002 Tokyo, Firenze, Rome, New York
2003 Tokyo, New York, Hangary, London, Prague, Shanghai, Wohang
2004 Tokyo, Shanghai, Wuhang, Thailand
2005 Tokyo, Shanghai, Wuhang, Taipei, Venice
2006 Tokyo, Taipei, Bali, Bankok, Pataya
2007 Tokyo, Kassel, Munster, Dusseldorf, Frankfult, Bankok
[PR]
by 98graham | 2004-11-23 05:04 | 旅 TRAVEL

今、行ってみたい場所

●ポルトガル
ユーラシア大陸の最果ての場所へ行き、サンマの塩焼きを食べて、現地の安いワインを飲む。壇一雄の歩いた道を歩く。

●アフリカの西海岸
ものすごく透明度の高い海を見る。

●モンゴルの草原
以前に内モンゴルという中国の領地内までは行って来たがモンゴルへはまだ行っていない。粗草原で歩き、ホーミー(長唄)を聴き、テントで寝る。

●ブラジル、リオデジャネイロ
海岸でカインピリーニャを飲む。ボアッチへ行く。

●ブラジル、アマゾン川の支流
サンバの発祥の地のここへ、奥地から川をフェリーで下る。カポイエラを見て、ピンガで酔っぱらい、サンバで踊る。

●ニューヨーク
一年以上行っていない。チェルシーのギャラリーとPS1などの美術館を見て回る。アレハンドロやジェッド、ペネロペ、ヒロなど友人と会い、あの場所の空気を吸う。ブルックリンの店でハンバーガーを食べる。

●アラスカ
星野道夫の本を持っていき、後の時間はひたすら空を見て酒を飲む。

●アイスランド、レイキャベック
温泉に入り、自然とか、地球の力とか、ビヨークがどうしてここから生まれて来たのかとか、ロニー・ホーンがなぜここに惹かれるのかとかに思いをめぐらせる。アーティストのルリの家を訪ねて膨大な作品を見せてもらう。

●モロッコ
以前に行った時、暑すぎて行くのを断念したカスパ街道やエフェスへ行く。ジャマエルフナ広場で大道芸人を見て、ハシシを吸いながらリラックスする。羊のミルクのヨーグルトを飲み、羊のシチュー(名前を忘れた)を食べる。
[PR]
by 98graham | 2004-11-23 03:30 | 旅 TRAVEL

もう一度行ってみたいビーチ

1. トゥルム(カリブ海/メキシコ)
2.ピピ島(タイ)
3. イスラ・ムヘーレス(カリブ海)
4. ミコノス島(エーゲ海)
5. リオのビーチ(ブラジル)
6. バリ島(インドネシア)
7. 紅海(エジプト)
8. コスタデルソル(スペイン)
9. 沖縄の離島
10. トルコのビーチ
[PR]
by 98graham | 2004-11-23 03:28 | 旅 TRAVEL