本を分解する

しばらく後に本を出版することになっているので、
最近はその中身をつくっているのだけど「本」って、
いくつか(たいてい)決まった細かい要素があるんですね。
そんな本を構成している要素を挙げてみます。

・表紙 
これが無い本はあり得ないですね。ちなみにこの表紙を作ることを「装丁」と言うらしく、中身のデザインは「本文のデザイン」と言うらしいです。言うまでもなく、本の第一印象を決める重要な部分。

・帯表 
よく色んな人が扇情的な事を書いたりしている部分。売上げに影響大らしい。僕はなぜかここ数年、自分で買った本の帯をすべて集めたりもします。

・表紙裏ソデ部分 
何も書いて無い場合もありますが、たいていは内容の紹介か、著者紹介。どんな人が書いているのかをチェック。

・本文 
あんこの部分。当然ですが、これが悪ければ、本としてはどうしようもない。

・謝辞 
「まえがき」や「あとがき」の中に含まれている場合もありますが、お世話になった方々にお礼を言う部分。たいてい読み飛ばす部分でもあります。

・著者紹介 
写真付きの場合とそうでない場合がありますね。僕の場合、知らない作家の場合は必ずチェックする部分です。

・奥付 
発行日とか著者、出版社などを改めて事務的に書いてる部分ですね。

・裏表紙ソデ部分 
ここに著者プロフィールか、内容の紹介がある場合も。何もない場合も。

・裏表紙 
表紙の続きの場合もありますが。まぁ、読み終わって本を閉じて余韻を味わったりすることもあります。
[PR]
by 98graham | 2008-02-12 17:24 | 物 THINGS


<< 編集者たち 目黒のおいしいお店 >>